長野周辺案内

詳しい情報は、白馬ネットが探しだした各地のホームページを参照下さい。

りんご狩りも楽しめます。

善光寺

2004/5/22掲載

目印となるインターチェンジ・・・長野I.C.または長野東I.C.・上信越自動車道(白馬から約1時間)
白馬からは一般道を利用して約1時間の距離です。

昔からお伊勢さん・日光東照宮などと並んで民衆の信仰を集めた善光寺は、宗派に関係なく、すべての人を極楽浄土に導く寺として慕われてきました。今から1,400年ほど前に立てられた本堂は、国宝に指定されています。

各I.C.まで車で20分(距離はありませんが、都市部で交通量が多いため、多少時間がかかります。)

白馬ネットが見つけた善光寺のホームページはこちら(長野市役所)とはこちら(善光寺)

小布施

2004/5/22掲載

目印となるインターチェンジ・・・長野東I.C.または中野I.C.・上信越自動車道(白馬から約1時間15分)

昔の街並みを保存しているため、一種の趣が感じられます。江戸時代に葛飾北斎が滞在し、その時に画いた多くの肉筆画を展示する「北斎館」もあります。

各I.C.まで車で15分程度です。

白馬ネットが見つけた小布施のホームページ(小布施町役場)はこちら

野尻湖・黒姫高原(信濃町)

2004/5/22掲載

目印となるインターチェンジ・・・信濃町I.C.・上信越自動車道(白馬から約1時間25分)
白馬からは一般道で行くこともできます。(約2時間・鬼無里村経由なので、厳しい山道となります)

野尻湖は、釣りやウォータースポーツを楽しむこともできます。古代・ナウマン象の化石などが出土し、博物館もあります。

野尻湖は、近くに行って楽しむのもひとつですし、黒姫高原から遠望を楽しむのもひとつです。また、黒姫高原では、コスモスが有名で、大きな花畑でゆっくりと散策が楽しめそうです。

野尻湖のある信濃町では、俳人小林一茶にまつわる記念館などもあり、結構時間がつぶれます。決してメジャーな観光地とはいえないかもしれませんが、信濃五岳といっしょに、ゆっくりと観光してみてはいかがでしょうか。

白馬ネットが見つけた信濃町のホームページ(信濃町観光協会)はこちら

戸隠

2004/5/22掲載

目印となるインターチェンジ・・・信濃町I.C.・上信越自動車道(白馬から約1時間25分)
白馬からは一般道で行くこともできます。(約1時間15分・鬼無里村経由なので、厳しい山道となります)

戸隠神社は、天照大神の神話に縁のある神社で、古くから山伏の修験場として栄えました。
戸隠連峰は、切り立った岩壁の山々で、山伏や戸隠忍者の修行場といわれています。

戸隠そばも有名で、多くの手打ちそばのお店が揃っています。

信州そばは、「開田高原(木曾)」「戸隠」が特に有名で、それぞれの特徴があります。ぜひ、味見をしてはいかがでしょうか。

戸隠からI.C.まで30分(長野市に抜けることも可能です。)

白馬ネットが見つけた戸隠のホームページ(戸隠村観光協会)はこちら

長野市のりんご狩り(アップルライン)

2004/5/22掲載

目印となるインターチェンジ・・・長野東I.C.・上信越自動車道(白馬から約1時間10分)
白馬からは一般道で行くこともできます。(1時間20分程度)

長野市から豊野に向かう国道18号は、アップルラインと呼ばれています。長野りんごの古くからの生産地で、通り沿いに、直売所やりんご狩の出来る所が何箇所かあります。期間は、9月中旬から11月上旬までです。

白馬ネットが見つけたりんご狩りのホームページ(三栄農園)はこちら


マップ観光地一覧広域案内図