白馬山麓ガイド・資料館

時にはゆっくり資料館を訪れ、白馬の歴史に触れてみると、また違った目で白馬を見ることができるはず。
歴史あっての今の白馬。白馬をもっと身近に感じられるでしょう。

白馬村歴史民俗資料館 白馬山麓>白馬村>深空情報

2008/6/7

〜豪雪地帯白馬を生き抜いてきた人々の生活や智恵〜

雪深い白馬という地を、たくましく生き抜いてきた村民の生活を紹介。生活に根づいた智恵や工夫には、感心せずにはいられない。農具や生活用品などを展示。隣接する復元民家には、いろり、馬屋などがある。

オリンピック記念館 白馬山麓>白馬村>八方情報

2008/6/7

〜1998長野オリンピックの軌跡を紹介〜

白馬村で開催された競技は、アルペン(滑降、スーパー大回転)、ノルディック(ジャンプ、クロスカントリー、複合)です。オリンピック記念館は、日本選手が活躍したジャンプ台近くのノルウェービレッジ内に設置されています。

選手が使用した、ジャンプ板やウェア、パネル展、ビデオ上映があります。

**ノルウェービレッジて何?**
オリンピックでは、参加各国が親善を目的に、会場付近にレセプションハウスを建設します。そこでは、各国の文化の紹介を行ったり、パーティーを催したり、様々なイベントを行いました。一般の人が自由に入れる場合もあれば、招待されたゲストだけのパーティーに利用されることもあります。例えば、ヨーロッパの王族がオリンピック観戦に来る場合などは、パトカー先導で、このようなレセプションハウスに乗りつけることもありました。ノルウェービレッジは、長野オリンピックの時に、ノルウェーのレセプションハウスとして建設されたものです。

千国の庄史料館 白馬山麓>小谷村情報(南小谷)

2008/6/7

〜地元民家をそのまま移築〜

塩の道ともいわれる「千国街道」。番所や塩蔵も復元され、当時の往来の様子がわかる。