白馬山麓ガイド・トレッキング

白馬といえばなんといっても山につきるのではないでしょうか。
中部山岳国立公園に属する白馬連峰は、高山植物の宝庫ともいわれ、気軽にチャレンジできるトレッキングのコースが充実しています。

必ず、歩きやすい服装で、靴もはき慣れたものをご用意下さい。

八方尾根自然研究路 白馬山麓>白馬村>八方情報(ゴンドラ駅)

2008/6/7

〜白馬定番のトレッキングコース。誰でも気軽に楽しめる〜

秋の写真集はこちら

唐松岳(2,696m)への途中、第1ケルンから八方池(2,060m)までが定番のトレッキングコース。7、8月にはニッコウキスゲ、コバイケイソウ、チングルマ、マツムシソウなどの花々が楽しめる。

**注意**
雷雲に注意。尾根コースのため、特に危険。絶対に、傘はささないで。雷雲を見たらすぐに下山、もしくは安全な場所(山荘など)に非難しましょう。

白馬大雪渓遊歩道 白馬山麓>白馬村情報

2007/6/4

〜真夏に雪が見られる!一見の価値あり〜

日本一のスケールを誇る白馬大雪渓(全長3.5km・標高差600m)までのルート。

大雪渓を抜けるとそこは「お花畑」。必見の価値ありだが、「お花畑」までは登山の装備が必要。

アルプス平自然遊歩道&アルプス山野草園(五竜とおみ) 白馬山麓>白馬村>五竜情報(ゴンドラ駅)

2008/6/7

〜360度の大パノラマが魅力。五竜アルプス山野草園の整備にも力を入れています。〜

五竜テレキャビンに乗り、地蔵の頭(地蔵ケルン標高1676m)をめぐるコース。ワタスゲ、ニッコウキスゲ、シモツケソウなどの高山植物と出会える。

**ちょっと耳より情報**
地蔵の頭から小遠見山(2,007m)までは往復3時間程度のとおみ尾根トレッキングコースもある。その先の五竜岳は、本格的な登山コース。
アルプス展望リフトは夏休みや秋の週末に営業する予定(往復大人600円)。

Hakuba47かもしか遊歩道 白馬山麓>白馬村>飯森情報(ゴンドラ駅)>みそら野・エコーランド地図

2008/6/7

〜森林浴でリフレッシュ〜

ゴンドラリフト「Line8」の終点からブナ林へ続く散歩道で、ウッディコース(約20分)と、ロッキーコース(約1時間)がある。森林の中、木漏れ日を浴びながらのんびり楽しむには絶好のコース。

**ちょっと耳より情報**
散策道入口付近には、昔の炭焼き小屋があり、いまでも炭を焼いている。

ひよどり峰トレッキング 白馬山麓>小谷村>栂池情報(ゴンドラ駅)

2008/6/7

〜秋の紅葉が見事、足に自信のある方向き〜

白馬村八方尾根とは標高的に同じだが、異なる植生が見られる。白馬岳の初冠雪の頃の紅葉も、他では見られない趣。

**ちょっと耳より情報**
栂池自然園内でも十分なトレッキングコースが用意されており、様々な湿原とたくさんの高山植物が楽しめ、大雪渓を眼下に捉えることもできる。栂池自然園内周回は3時間30分程度。